資格を取得するための試験勉強に役立ったインターネット掲示板

資格のための試験としての司法試験

資格を取得するための試験勉強に役立ったインターネット掲示板 資格の中で難関なものに弁護士資格などの司法試験があります。この司法試験の制度は数年前から改正され,困難とされていた試験がロースクール制度に変更になったことで,得やすくなるとされてきました。ところが,その反対に返って司法試験に合格しにくくなったと聞きます。これはどうしてなのでしょうか。

第一の理由は,専門的に法律を学んでいない学生が,大卒4年後に入るロースクールで十分な法律知識や実践を学べないのではないかという意見があります。昔の方式ではとにかく大学4年間みっちり法律を学び,その後司法試験を受け続けていき何年たっても試験を受けることができました。だから,資格,つまり弁護士資格等をいつかは得られたのです。ところが,ロースクール制度になって,受験回数の指定ができ,それまでに受からないと全く意味のない者になってしまうそうです。法律で身を立てようと考えている人にとっては大変なことです。折角これまで学んできたことが生かせないのですから。その点で他の資格のための試験とは大きく違うことになります。では,このような事態から何とか資格に合格するにはどうすればいいのでしょうか。それは1にも2にも勉強するしかないのではないでしょうか。そして,裁判所に通い,判例を実体験として獲得する。そうしておけば司法試験の問題もより身近なものになるのかもしれません。わたしは毛頭司法試験など受ける気はないのですが,それを希望する人はぜひそうしてはどうでしょう。

ピックアップ

Copyright (C)2022資格を取得するための試験勉強に役立ったインターネット掲示板.All rights reserved.